第52号「経堂のクラフトビールとロールケーキ」

9月19日、久しぶりに、経堂の後藤醸造さんに伺った。

第17号でも書いたが、こちらは「東京農大を卒業した夫婦がこだわりの素材で造る”できたてビール”」を立ち飲みスタイルで飲むことができるお店。

私は、経堂エールとポテトサラダが定番。

お隣の小倉庵のたこ焼きを持ち込むことも可で、たこ焼きをアテに飲んでおられる方も多い。

ホーム Top - 東京農大を卒業した夫婦が こだわりの素材で造る”できたてビール” 醸造所がある駅前の立ち飲みビアバー 「後藤醸造」

経堂 小倉庵 本店 - 経堂/たい焼き・大判焼き [食べログ]

(以下の写真は全て、後藤醸造さんのホームページより引用)

f:id:shiohitorinomi:20200916194305j:image

f:id:shiohitorinomi:20200916194615j:image

f:id:shiohitorinomi:20200916194255j:image

(感染症対策も徹底されており、安心)

 

今回は、いつもの経堂エールに加えて、新作の甘夏ウィートもいただいた。

甘夏の爽やかな香りで、気分が良い。

アテは、枝豆塩漬け。

 

なお、こちらのお店は「ワカコ酒」にも登場したらしい。

ストーリー|ワカコ酒 Season4:BSテレ東

一期一会の一杯で乾杯! 地元密着型クラフトビール & 料理:ワカコ酒|テレ東プラス

【後藤醸造 経堂】クラフトビールが美味い立ち飲みビアバー!「ワカコ酒」の収録地 | 世田谷ローカル(SETAGAYA LOCAL)

 

後藤醸造さんをあとにし、ICHIMANさんで、ロールケーキ(フルッタロール)を購入して帰路についた。

ICHIMAN[いちまん] – SANRITSU FARM [サンリツファーム]

(以下の写真は全て、ICHIMANさんのホームページより引用)
f:id:shiohitorinomi:20200919134951j:imagef:id:shiohitorinomi:20200919135002j:image

以上

第51号「世田谷美術館 コレクション展 その1・その2 同時開催中」

9月13日、世田谷美術館に行った。

前回の訪問(第31号)から展示が入れ替わり、現在、以下の2つのコレクション展を同時に見ることができる(12月6日まで)。

f:id:shiohitorinomi:20200914180734j:image

 

ミュージアム・コレクションⅡ
○その1「吹田文明と版画集『東京百景』」

f:id:shiohitorinomi:20200914151900j:image

(吹田文明「江戸の花」、世田谷美術館ホームページより引用)

 

○その2「再読!!   5つの物語   美術が語る夢と現実」

f:id:shiohitorinomi:20200914151955j:image

(セラフィーヌ・ルイ「枝」、世田谷美術館ホームページより引用)

 

まさに「心にも、お財布にもやさしい、充実のセタビ・コレクション」。

心にも、お財布にもやさしい、充実のセタビ・コレクション | 世田谷美術館 SETAGAYA ART MUSEUM

 

○「吹田文明と版画集『東京百景』」(8/29-12/6)について

2階展示室で、日本版画協会刊行の版画集『東京百景』と、この版画集の企画にも関わられた、世田谷区在住の版画家の吹田文明氏の近作が展示されている。

吹田文明と版画集『東京百景』 | 世田谷美術館 SETAGAYA ART MUSEUM

 

『東京百景』は、1989年から1999年にかけて、東京をテーマに、100名の作家が1点ずつ版画作品にした版画集。

展示は、前期・後期で入れ替わるようなので、10月13日以降に、もう一度訪れたい。

前期:8/29-10/11、第1・3・5・7・9集

後期:10/13-12/6、第2・4・6・8・10集

深澤幸雄最高裁の見える風景」(『東京百景』第1集より)

f:id:shiohitorinomi:20200914134545j:image

・利根山光人「東京ラプソディー」(『東京百景』第5集より)

f:id:shiohitorinomi:20200914134555j:image

 

吹田文明氏のコーナーも、とても見応えがあった。

(会場風景)

f:id:shiohitorinomi:20200914120243j:image

・吹田文明「黒い犬」

f:id:shiohitorinomi:20200914140359j:image

 

なお、1階と2階の間の階段正面に、写真撮影コーナーがあり、面白い。

f:id:shiohitorinomi:20200914141452j:image

f:id:shiohitorinomi:20200914180115j:image

セタビで花火 | 世田谷美術館 SETAGAYA ART MUSEUM

〈貼付写真は全て、世田谷美術館ホームページより引用〉

 

○「再読!!  5つの物語  美術が語る夢と現実」(9/5-12/6)について

1階展示室では、2016年開催「コレクションの5つの物語」を再構成した展覧会が催されている。

再読!! 5つの物語 | 世田谷美術館 SETAGAYA ART MUSEUM

 

プロローグ、第1話「私をめぐる物語」、第2話「未知の文化と出合う物語」、第3話「美術と言葉で物語る」、挿話「暮らしの姿」、第4話「大きな物語のなかの私」、第5話「日常から始まる物語」、エピローグ、で構成。

それぞれ興味深い。

(会場風景)

f:id:shiohitorinomi:20200914120314j:image

f:id:shiohitorinomi:20200914152150j:image

・第2話展示、土方久功「マスク」

f:id:shiohitorinomi:20200914154355j:image

・第3話展示、画:水木伸一・書:河東碧梧桐「碧水帖 上州ぬる湯の記」

f:id:shiohitorinomi:20200914151632j:image

・挿話展示、桑原甲子雄「マスク」〈世田谷ボロ市〉より

f:id:shiohitorinomi:20200914115310j:image

・第4話展示、小堀四郎「無限静寂(宵の明星ー信)」

f:id:shiohitorinomi:20200914151656j:image

・第5話展示、横尾忠則ジュール・ヴェルヌの海」

f:id:shiohitorinomi:20200914151727j:image

〈貼付写真は全て、世田谷美術館ホームページより引用〉

 

世田谷美術館専用駐車場について

最後に、もう一つ、お財布にやさしい情報。

東名高速の高架下に、世田谷美術館の利用者専用の無料駐車場がある。

美術館まで砧公園内を歩いて5分程度、とても便利です。

f:id:shiohitorinomi:20200914124214j:image

f:id:shiohitorinomi:20200911205240j:image

(世田谷美術館ホームページより引用)

無料駐車場へのアクセス | 世田谷美術館 SETAGAYA ART MUSEUM

以上

第50号「経堂の南インド料理とクリームパン」

南インド料理「スリ マンガラム」

9月6日、雑誌などで見て、かねてより行ってみたかった、経堂にある南インド料理店「スリ マンガラム」さんに訪問。

スリマンガラム 経堂 (Sri Mangalam) - 経堂/インド料理 [食べログ]

南インド チェティナード料理

・Sri Mangalam(スリ マンガラム)

・2020年1月3日オープン

・シェフはマハリンガムさん

・ランチ 11時-15時(14時半LO)

・ディナー 平日17時半-21時半(21時LO)/土日祝18時-21時半(21時LO)

・火曜定休(不定休あり)

・電話03-6413-9986

小田急経堂駅北口より徒歩2分

 

いただいたのは、写真の「ベジミールス」。

それぞれ特徴の違う、野菜のカレー・スープ・副菜を、インディアンライスと砕いたアッパラム(豆のせんべい)に混ぜながら、味の変化を楽しむ。

豊富なスパイスが確りと効いており、食べ進めるうちに汗が出てくるが、辛すぎるわけではない。しゃばしゃば系のカレーなので、お腹に重くなく、またすぐに訪問したくなるお店だ。

次回は、ノンベジミールス、カーライクディチキンミールス、マトンカリドーサ、ポロタなどもいただいてみたい。

f:id:shiohitorinomi:20200907100745j:image

f:id:shiohitorinomi:20200913121406j:image

f:id:shiohitorinomi:20200913121422j:image

 

なお、2020年8月11日のTBS「マツコの知らない世界  真夏のカレースペシャル」でも当店が紹介されていた。

真夏のカレースペシャル:2020年8月11日|TBSテレビ:マツコの知らない世界

 

また、以下は、当店のメニューや南インド料理に詳しいサイトなので、ご参照ください。

当店のランチについて

【スリマンガラム 経堂】ランチでミールスを食べてみた!【コスパが良いメニュー解説】 | 世田谷ローカル(SETAGAYA LOCAL)

当店のディナーについて

経堂 スリマンガラム | スパイシー丸山「カレーなる365日」Powered by Ameba

経堂 スリマンガラム | スパイシー丸山「カレーなる365日」Powered by Ameba

当店のミールスについて

スリマンガラム【経堂】ミールスが美味しい♪南インド・チェッティナード料理専門店 | エスニック見ーつけた!

南インド料理について(食べ方のレクチャーやお薦めのお店紹介もあり、親切)

カレー好きがハマる「南インド料理」の魅力とは。メニューやミールスの食べ方、オススメ店を徹底解説 - ソレドコ

 

 

○「ハチイチベーカリー」

そのあと、翌朝の朝食のパンを調達するために、パン屋さんを探した。

農大通りから少し入ったところにある可愛らしいお店「ハチイチベーカリー」さんに入った。当店のホームページによると、ともに1981(ハチイチ)年生まれのご夫婦が、お二人で経営されているらしい。

角食パンとクリームパンを購入。

クリームパンについて、クリームも勿論美味しかったが、何より、生地がふわふわもちもちで最高だった。コッペパン単体もお店にあったので、次回はこちらで、ホットドッグや卵サンドを試してみたい。

また、バゲットも評判とのことなので、今度こちらも試してみたい。

ハチイチベーカリー

ハチイチベーカリー - 経堂/パン [食べログ]

【ハチイチベーカリー 経堂】バゲットのクオリティが神…! | 世田谷ローカル(SETAGAYA LOCAL)

f:id:shiohitorinomi:20200906230938j:image

f:id:shiohitorinomi:20200907161644j:image

(イラスト・写真は、ハチイチベーカリーさんのホームページより引用)

以上

第49号「肖像画とZOOM映え」

今朝の日経新聞文化欄「描かれたアジア」で、ミヒール・ファン・ミュスヘルの「ヨハネス・ヒュッデの肖像」が紹介されていた(写真は日経新聞ホームページより)。

解説は、美術史家の幸福輝さん。
1686年、アムステルダム国立美術館蔵で、描かれたヒュッデさんは「東インド会社の理事やアムステルダム市長を歴任した名士」。

f:id:shiohitorinomi:20200904065659j:image

 

ヒュッデさんは室内用のガウンを着て、机には難しそうな書物が並ぶ。「当時、自宅でくつろぐ姿を描かせるのが肖像画の流行(はや)りだった」らしい。なお、「さりげなく、アムステルダム市の法令集も広げられている」とのこと。
  
なんだか、現在のテレビ会議で、ZOOM映えを意識して、トップスや背景、小物に気を付けましょう、と言われているようで、面白かった。


ちなみに、ヒュッデさんが着ているガウンは「ヤポンス・ロック(日本風の室内用上着)」と呼ばれ、日本の着物がモチーフになっているらしい。

以上

第48号「エンタメを諦めるな!」

8月30日放送のMBS情熱大陸」は、演出家の金谷かほりさん。

「エンタメを諦めるな! 演出界の巨匠、再始動。」

f:id:shiohitorinomi:20200901211922j:image

(MBS情熱大陸」ホームページより)

金谷かほり(演出家) | 情熱大陸

 

金谷さんは、日本の有名アーティストのライブから、ユニバーサルスタジオジャパンハウステンボスのショー・パレードに至るまで、幅広い演出を手掛けられてきた。

 

番組の中で、金谷さんは、これまでお金を稼ぎたいと思ったことはなかったが、今回のコロナ禍を経て、自分の志に賛同してくれ、自分の企画に参加してくれた仲間に報いたいという思いから、はじめてお金を儲けたいと思った、という趣旨のご発言をされていた。この金谷さんの心境の変化に感動した。

 

しかし、それ以上に心に残ったのは、金谷さんの「人は人がやっているものを見たいんだ」という言葉。

非常にシンプルな言葉だが、なぜか、この言葉に強く共感した。

 

コロナ禍の直前、1年間くらい 、時間を見つけて、下北沢の小劇場に行くのが、週末の楽しみだった。

今はまだ、リモート上演中心かもしれないが、それでも「人がやっているもの」をライブで見ることができるのに違いはない。

まずは、近いうちに 、オンライン観劇しようと思った。

そういえば、番組のインタビューで、お客さんが「エンタメがないと、心がもたない」と応えていらっしゃったが、こちらの言葉にも共感。

以上

第47号「狛江のクラフトビールとコッペパン」

前号で「晩夏」と書いたが、まだまだ猛暑ですね。そんな中、クラフトビールを求めて、狛江に向かった。

前々号に記載した中から、狛江の「和泉ブルワリー(ビアセラートーキョー)」さんに訪問。

ぐるなびリサーチでイチオシが多い2番を。飲み飽きない感じで 、とても美味しい。

他のビールも試してみたかったが、土曜日で店内にお客さんが多かったので、後ろ髪を引かれながら、再訪を祈念し、お店をあとに。f:id:shiohitorinomi:20200829144829j:image

ビアセラートーキョー (BEER CELLAR TOKYO) - 狛江/バー・お酒(その他) [食べログ]

f:id:shiohitorinomi:20200829170120j:image

 

これで帰る訳に行かず、往路に見かけて、気になっていた「スピカルボ(Spicarbo)」さんに入店。

ここが良かった!

クラフトビールの品揃え多数。

羊肉のハンバーガー&フライドポテト美味。

クラフトビールは、1番、5番、末尾の東京をいただいたが、タップリストのコメント通りで、どれも最高!

オープンエアだが、涼しい店内で、あらためて「晩夏」感を満喫できました。

f:id:shiohitorinomi:20200829145020j:image

f:id:shiohitorinomi:20200829145044j:image

f:id:shiohitorinomi:20200829145410j:image

f:id:shiohitorinomi:20200829170156j:image

スピカルボ (Spicarbo) - 狛江/バル・バール [食べログ]

 

帰路、第25号で紹介させていただいたコッペパン屋さんに寄ろうかと、迷っているところ。

f:id:shiohitorinomi:20200829150221j:image

f:id:shiohitorinomi:20200829150253j:image

[http://www..com/

r.gnavi.co.jpみっちりつまった具がそそる~!大人気のこだわりコッペパン「盛岡製パン」人気&オススメ10種食べ比べ!【Lets】レッツエンジョイ東京:title]

 

まだまだ猛暑が続きそうですが、皆さまご自愛ください。

f:id:shiohitorinomi:20200829155911j:image

f:id:shiohitorinomi:20200829155921j:image

以上

第46号「山形県天童市の桃」

山形県天童市から、ふるさと納税の返礼品で、桃が届いた。夏の間、今か今かと楽しみにしていた。

届いたのは、 (株)ジェイエイてんどうフーズさんの「川中島白桃」。この品種は、お盆明けの8月下旬ころから出回りはじめ、最初はやや硬めだが、追熟させることで柔らかくなり、果汁豊富、甘みもしっかりしているとのこと。

まだ少し硬めの状態で、ややフライング気味にいただいたが、これはこれで瑞々しく、とても美味しかった。今後、追熟後のものとの比較が楽しみだ。

f:id:shiohitorinomi:20200827235930j:image

(JAてんどうフーズさんのホームページより)

 

以下のサイトによれば、桃は、品種が多く、全国で100種以上、栽培されているらしい。

ちなみに、山形県で栽培されている桃の中で、人気上位5品種についてアンケートしたところ、この「川中島白桃」が堂々の1位とのこと。

桃の評価「川中島白桃」味良し、日持ち良し 人気良し|味の農園

1位、川中島白桃

2位、あかつき

3位、黄金桃(おうごんとう)

4位、黄貴妃(おうきひ)

5位、だて白桃

 

ところで、天童市は、さくらんぼ、桃、ぶどう、ラ・フランスなど、四季折々のフルーツの他、全国1位の生産量を誇る伝統的工芸品「将棋駒」が有名。

プロ棋士が活躍する人気漫画「3月のライオン」とコラボした街づくりも進めておられるようだ。

以下は、天童市版「3月のライオン」オリジナルイラスト(天童市ホームページより)。

f:id:shiohitorinomi:20200827235110j:image

 

そういえば、「3月のライオン」の「リアル桐山零」とも言われた藤井聡太棋聖が、先般、王位を奪取し、史上最年少での二冠保持&八段昇段を達成されたところ。

瑞々しい旬の桃、素晴らしい記録、どちらも、うれしい晩夏の贈り物だった。

以上